腹痛餅(はらいたもち)帯祝い砂糖 2300円~4000円

待望の赤ちゃん。
帯祝いとは、安産を祈って、お産の軽い犬にあやかって妊娠5ヵ月目の戌(いぬ)の日にするお祝い行事です(しきたり・風習)。赤ちゃんを授かったことを祝い無事な出産を祈る行事が帯祝いなのです。
おなかに赤ちゃんができてからの初めてのお祝い事です。妊娠5ヵ月目に入ると胎児が順調に発育し、流産の心配がなくなります。
この時期に、お産の軽い犬にあやかり出産の無事を祈って戌の日に妊婦に腹帯を贈るならわしを帯祝いと言います。

この腹痛餅という習慣紅白のお餅に、お豆が一粒づつ入っていて、切ったときにそのお豆が割れると、女の子。割れなかったら、男の子。という子供の性別を占う(?)お遊びなんですよ。

こちらは砂糖の商品になります。写真は2,300円の商品です。